バナー

シミの治療方であるqスイッチヤグレーザー

シミ治療において、現在脚光を浴びているのは、どうしてもレーザートーニングと言えます。
既にレーザーは、皮膚に関心のある皆さんにはなじみの言葉でしょう。


レーザートーニングとは、1,064nmの波長と532nmの二種類の波長を使用するqスイッチヤグレーザーを施術して表皮の正常細胞に損傷を与えることなく、シミの色素であるメラニンだけを選択的に破壊してシミを治療する施術です。

1,064nmの波長はヘモグロビンに吸収されず、黒と青の病変に選択反応して破壊し、皮膚の中に深く浸透して治療します。


532nmの波長は、浸透深さが浅く、主にシミ、そばかす、くすみなどの茶色の病変の治療に使用されます。
qスイッチヤグレーザーは表皮のメラニン色素だけを選択的に破壊するため、周囲の正常組織に損傷を与えることなく1回の施術で、通常は70?80%程度が除去されます。

施術後、顔が腫れたり、痛みがひどくなく、二酸化炭素レーザーよりも皮膚の奥深くまで浸透し、周りの皮膚の損傷はなく、選択的に治療が可能です。

施術当日は施術部位が赤くなって腫れることがありますが、次の日には腫れや赤くなる症状は、ほとんど無くなります。

手術翌日から洗顔が可能ですが、何日間は控えたほうが良いでしょう。
かさぶたができたら、化粧が可能ですが施術部位は避けるようにします。


かさぶたが落ちた後も、数日間は紫外線に肌が敏感です。お出かけ前に必ず日焼け止めを使用し、施術後の色素沈着がありますので、色素沈着予防クリームを塗るようにしましょう。


大分のわきがについて解説いたします。

難波の全身脱毛について考察してみましょう。

大分のダイエット情報を見つけましょう。

新宿の植毛の料金に関する情報満載です。

ニキビのケアについて調べるなら、こちらをご覧ください。